item14
EJF 書字研修センター

カリグラフィー、レタリング、タイプフェース、ロゴタイプ、
紋章、文字彫刻、タイポグラフィー、ブックデザイン
BenSlimanenew1TIngmire2mk2AHECHLECosmosIllustration6B

Registered Charity No. 1099648

EJF について | リンク | ホーム | サイトマップ | お問合せ | ニュース

ディッチリング短期学習コース

エドワード・ジョンストン協会のカリグラフィー・書字デザイン研修センター(EJFセンター) では、
基本訓練の規律や構成をよく理解し、本当の自由闊達さを会得して、文字芸術の巧緻をさらに深く
鑑賞できることを目指す人々のために、短期コースを提供しています。
他のコースと違って、ディッチリングでは、二人または三人の講師が課題内容について協調し
調和を計りながら、交互に異なった日程を受持ちます。その理由は、各学生個人のレベルに、
より適合した、柔軟性ある、きめの細かい授業ができるためです。週末コースでは定員6名までに
限定し、可能な限り教師と学生が一対一となる授業を目標にしています。要望により、同じ内容の
コースの繰り返しも、レベルに合わせてコースを継続発展させることも可能です。

現在、学習コースは EJFセンター新築工事のため休止中ですが、2008年春期に予定されている
コース再開
時には、図書室、セミナー室、展示ルームなども整備され、幅広い範囲で様々な
短期コースを提供予定です。また、和やかな座談会や小旅行を著名なアーティストやデザイナーと
共に楽しむ機会などを提供できるよう計画しています。


今までのコース内容一覧

ローマ帝国遺跡の頭文字
第1日: 現代の西欧書字の規範となった、第2世紀ローマ時代の優雅な大文字のプロポーションなど。
講師 トム・パーキン
第2日: EJFコレクションを参照しながら、より個性的な書体の大文字を探索し、その発展過程を考察。
講師 ヘイゼル・ドルビー

ヴァーサル (装飾された頭文字)
ヴァーサル文字の扱いは、イルミネーター (書籍ページの装飾師) が担当する仕事の一部である。
ヴァーサルは、手書本の各章の始まりを示す大文字で、シンプルでエレガントなもの、複雑で装飾に
富んだものなど、様々です。そのプロポーションや装飾上の構成を研修。
第1日: 講師 スーザン・ハフトン
第2日: 講師 ジェラルド・フロイス

ファンデーショナル・ハンド (基本書体)
エドワード・ジョンストンの正書体の基盤となった、10世紀の写本 大英博物館 ハーレイ2904
の書体を解析、研修。
第1日: 講師 ジェラルド・フロイス
第2日: 講師 スーザン・ハフトン

フォーマル・ドキュメント (正式文書のレイアウトとデザイン)
正式文書 (例えば、装飾のある書状、証明書、賞状など) のレイアウトやデザインの基本概念を研修。
第1日: 講師 ジェラルド・フロイス
第2日: 講師 ティモシイ・ノード

古典と現代のブック・ハンド (書写用の正書体)
現役の書家グループによる壮大な手書本のプロジェクト、現代不朽の作品と評価されるセント・ジョン
聖書などを、プロジェクト・メンバーの一員と共に鑑賞、研修。
第1日: 講師 スーザン・ハフトン
第2日: 講師 パトリシア・ギドニー

コース詳細案内の請求
• 日本語の資料は只今準備中です。
資料請求メールアドレス : info@ejf.org.uk
The E J F, The Old School House, Ditchling Museum, Church Lane, Ditchling, Hassocks,
West Sussex BN6 8TB, England, UK
Tel/Fax +44 (0)1273 844 505

英語 English